日本理化学工業株式会社(美唄工場)様を訪問しました

日時 : 2017年8月29日(火)

場所 : 北海道美唄市


過去2回(2014年11月17日、2014年12月16日)工場見学をさせていただいており、今回は3回目の訪問となります。当日は、西川取締役工場長様に案内していただきました。

日本理化学工業株式会社様は北海道美唄市でチョークを製造している会社で従業員の多くが知的障がいを持つ方達です。

今回は過去2回の工場見学に参加していない社員を中心に参加者を選定し、相互発條株式会社の2名を含めた計15名で訪問致しました。


【研修目的】

 ○「なぜ徹底できるのか?!」をしりたい。

 ○仕事の進め方はどうなっているのか。

 ○マニュアル、標準書はどのように作成しているのか。

 ○「報・連・相」の方法とそのコツは?

 ○教育訓練はどのように行っているのか?(どのような仕組みで教えているのか)

 ○習熟度の確認は?やる気を出させる方法は?

 ○工程内で品質をどのように管理しているのか。

 ○不良を流出させない仕組みはどうなっているのか。 etc


【研修会の様子】

 

【研修会参加者のコメント】
○営業部理事

御多忙にも関わらず、工場見学をさせて頂き、非常な貴重な経験と学びの機会を有難う御座いました。 御社の行動指針に示される「周利槃特(しゅりはんどく)の如く〜」は自らを省みる良い機会となりました。

○生産管理課長

この度は、お忙しい中、工場を見学する時間を作っていただき、本当にありがとうございました。 日本理化学工業様に負けぬよう、私も努力して行きたいと思います。

○CMGr係長

この度は、お忙しい中、工場見学を受けていただき、誠にありがとうございました。 今回学ばせて頂いたことを少しでも社内展開できるよう努力していきたいと思います。

○生産管理係長

この度は、お忙しい中、工場見学をさせて頂き、誠にありがとうございました。 この経験を少しでも社内展開できる様、努力していきたいと思っております。

○単品Gr員

お忙しい中、ご対応していただいて、誠にありがとうございました。この貴重な経験を生かし、 当社においてもこの経験を現場で教えていけるように、努力していきたいと思います。ありがとうございました。

○CMGr員(1)

この度は、会社方針、社員のいろいろなコミュニケーションにおいて、私自身において、いろいろな考えが浮かびあがり、 新たな方針が出来上がりました。今回の勉強で今以上の自分が見つけられましたので、本当にありがとうございました。

○CMGr員(2)

お忙しい中、工場見学をさせて頂きありがとうございました。社員に対する愛情、愛社精神、働く幸せ、 とても素晴らしい貴重な体験でした。日本企業の精神にふれられた気がしました。

○スパイラルGr員

お忙しい中、工場見学をさせていただき誠にありがとうございました。この度の工場見学で 「報・連・相」が企業にとって重要なものだと実感させていただきました。貴重な経験をありがとうございました。

○生産管理Gr員

この度はお忙しい中、貴重なお時間をいただきありがとうございました。「挨拶、コミュニケーション」がいかに重要であるか、 改めて考えさせられました。今回の研修で感じた事を今後の業務に活かして行きたいと思います。

○検査Gr員

この度はお忙しい中、工場見学をさせて頂き誠にありがとうございました。 この研修で色々学ばせていただいた事を少しでも社内展開できる様、努力していきたいと思います。

○経営管理Gr員

この度はお忙しい中、ご対応して頂き誠にありがとうございます。 この研修でコミュニケーションというものがどれだけ企業にとって大事だという事を改めて実感させて頂きました。

○相互発條(株)技術研究所 課長

このたびはお忙しい中、見学を受け入れて頂きありがとうございました。 従業員の皆様の流れるような手さばきと集中力に驚きました。 また、治具類や工程の様々なところに創意工夫が見られ、大変参考になりました。 私たちも自らの作業を再度見直し、工程改善に努めて参ります。

○相互発條(株)技術研究所 所員

お忙しい中工場見学・貴重なお話を聞かせていただきありがとうございました。 現場での素早い検品・簡単に誰でもできる工夫等参考になりました。 今回の見学で学んだこと活かして、参考にしたいと思います。

○本社工場長

大変お忙しい中、研修をお引き受け頂き、誠にありがとうございました。 西川工場長様、ならびに従業員の皆様には大変感謝いたします。