神奈川県様、川崎市様と情報交換を行いました

時 : 2015年4月8日

場所 : 相互発條株式会社本社(神奈川県川崎市) 会議室


相互発條株式会社の本社社屋は昨年4月に東京都品川区から神奈川県川崎市に移転し、 そこでお繋がりができました川崎市経済労働局様、環境局様そして神奈川県産業労働局様と情報交換をさせていただきました。

県が事務局を努める「かながわ次世代自動車普及推進協議会」が進めている燃料電池、水素ステーション等、 水素社会実現のための現状や課題についてお話しいただいた他、環境先進都市である川崎市のグリーンイノベーションクラスターに ついてご説明をいただきました。

弊社は施工時に残土を出さない、リサイクル可能、土壌を汚染しない、強度計算に基づく最適設計など環境に対する 貢献度が高い商品であるスパイラルアンカーを紹介させていただきました。


神奈川県様、川崎市様にはみぞれの降る中、会場となった相互発條まで足をお運びいただきましたこと、心から感謝いたします。 そのフットワークの軽快さや、県内外、市内外を問わず事業者、関係団体を受け入れ、それらのネットワークの構築を 推進するオープンな姿勢に感銘を受けました。

これからは一企業の努力だけではなく、このような先進的な自治体が一つでも増えることが、産業の発展や環境インフラの推進にとって 極めて重要になると思います。