ISO14001:2004/環境マネジメントシステム

私たちは取り組んでいます。環境保全と環境負荷の低減に!

環境目的・目標
環 境 目 的 環境目標
14年度 15年度 16年度
 1.電力使用量の削減  0.5%削減  0.5%削減  0.5%削減
 2.OA用紙使用量の削減  1%削減  1%削減  1%削減
 3.ペーパレス化の実施推進  各部署1件 各部署1件 各部署1件
 4.灯油使用量の削減  0.5%削減  0.5%削減  0.5%削減
 5.環境配慮型製品の購入推進  エコマーク製品の購入率60%以上
 6-1.材料スクラップの排出率削減  1%削減  1%削減  1%削減
 6-2.不良材料スクラップ量の排出削減  50%削減  50%削減  50%削減
 7.廃棄物排出力の削減  1%削減  1%削減  1%削減
 8.ガソリン使用量の削減  1%削減  1%削減  1%削減
 9.マルチセンサの開発  販売拡大  販売拡大  販売拡大

※活動内容につきましては、ご希望がありましたら公開します。

環境マネジメントシステム認証
2008年12月4日〜12月5日 第1段階登録審査
2009年1月22日〜1月23日 第2段階登録審査

上記日程で登録審査を受審し 2009年2月16日に承認されました。

環境基礎教育の実施
2008年4月1日から運用を開始するEMSは、アルバイト・パートを含む全従業員が
参加して行われます。
弊社のEMS認証取得のためオブザーバーとして指導してくださっている
山根部長(相互発條)が講師となり、全従業員を対象とした環境基礎教育を実施しました。
時期 : 2008年3月25日
   ・9:00〜10:30 環境基礎教育
   ・10:30〜11:00 理解度テスト

場所 : 北海バネ梶@本社工場食堂
山根部長による講義風景
 全従業員は以下のことを理解してEMSに取り組みます
  ・ 環境方針・EMSに従うことの大切さ
  ・ 自分が行う作業が環境に及ぼす影響
  ・ 自分の役割と責任
  ・ 決めたことを守らなかった結果、環境に及ぼす影響

綾瀬事業所 EMS拡大審査受審
相互発條鰍フEMS維持審査(綾瀬地区拡大審査)に伴い、北海バネ活サ瀬事業所は
本社工場に先駆けて審査を受けました。
審査員として日本規格協会からは鶴見聖二審査員が、来訪されました。
 時期 : 2007年7月17日〜
           2007年7月19日

 場所 : 北海バネ活サ瀬事業所
拡大審査の風景
廃棄物のチェックを行う審査員

ISO14001:2004/環境マネジメントシステム(EMS) キックオフ式
 北海バネ 本社工場の全従業員が参加する
 環境マネジメントシステムのキックオフ式が
 開催されました。

   時期 : 2007年6月25日 9:00〜9:30

   場所 : 北海バネ梶@本社工場食堂
キックオフ宣言: 代表取締役社長 岸俊之
◇ 経営者のコミットメント
人為的な環境破壊により、地球の環境が急速に悪化している。
一人一人が自覚を持ち、歯止めをかけなければならない。
その為にもISO14001に基づくEMSを導入し
   法遵守に関わるリスクの低減
   経営コストの削減
   環境負荷の軽減
を図り、経営体質の改善を実施する。
  
◇ 環境管理責任者の決意表明
2008年3月末までに推進委員が中心となりISO14001:2004に
 基づくEMSを構築
2008年4月から構築されたEMSの運用開始
2009年3月末までにISO14001:2004の認証取得
 
  相互発條鰍フ山根部長をオブザーバー
として迎え、EMSを構築してISO14001:2004の
認証取得を目指します。







決意表明: 常務取締役 山本哲夫